『SUITS/スーツ』シーズン6 第7話「揺さぶり」のあらすじとネタバレ

『SUITS/スーツ』シーズン6 第7話「揺さぶり」のあらすじとネタバレ

『SUITS/スーツ』シーズン6 第7話「揺さぶり」のあらすじとネタバレ© 2011 Universal Studios. All Rights Reserved.

監督:Anton Cropper
米国放送日:2016年8月24日
原題:Shake the Trees
邦題:揺さぶり

この記事は『SUITS/スーツ』シーズン6 第7話のあらすじとネタバレ、他キャスト・BGM(挿入歌)のまとめです。
【無料】海外ドラマ SUITS/スーツ シーズン6の動画はコチラ!

SUITS/スーツ シーズン6 第7話

第7話のあらすじ

ハーヴィーはインサイダー取引の共犯者を見つけ出すため、売買ソフトのリーク元を捜すためと称してサターの社員たちに尋問まがいの面接を行なう。

一方、マイクはハーヴィーにケヴィンから情報を引き出せと催促されるが、彼の服役した経緯をハーヴィーに伝えられず悩む。

ドナの協力を得て妻ジルを面会室へ呼び出し説得しようとするが……。

第7話のネタバレ

SUITS/スーツ シーズン6 第7話「揺さぶり」の感想・ネタバレ© 2011 Universal Studios. All Rights Reserved.

レイチェルはジェシカに付き添ってもらいレナード・ベイリーの面会に。ベイリーの死刑執行日が決まった事を伝えに行くのです。

ベイリーは苦悩の表情で、いつだと問います、レイチェルが30日後だと答えると、こんな所で時間を潰していないでマリアを探してほしいと言います。

ジェシカは取りあえず刑の執行延期を申請、1週間が認められました。

ハーヴィーの方も大変です、証拠のサターが使っていた売買プログラムのコピーをケイヒルに渡し裁判官とサターの前で思いっきり演技します。サターは95%の取引はこのプログラムで「しかし残りの5%が巨額のインサイダー取引だった」と説明します。

ハーヴィーとケイヒルのサターと裁判官を裏切る演技が称賛ものです。しかし、それだけでは証拠が弱く裁判まであと5日、何とかケヴィンから真実を聞きだしてほしいと言うハーヴィーに、マイクは難しいと答えます。

真実を知っているのですが、誰にも言わないとケヴィンに約束した以上話せないのです。

このシーズン6 第7話、自分が刑務所から出られるチャンスなのに約束を守る所はマイクらしいですね、こんなにハーヴィーが頑張ってくれているのに~と、思うんですが…。

マイクからドナに電話が、何かハーヴィーには内緒の頼み事です、ドナは引き受けますが何のことやら、後でわかるのですがどうやらある所に、違法ではないのですが、偽名を使って電話をしたみたいです。ドナもマイクの為なら何でもござれです。

ルイスはハーヴィーに頼まれた調べもの、インサイダー取引の証拠をつかもうとしますが証券のデータベースがどうしても必要です、データベースは同じ階の投資会社が持っているので何とか使わしてもらいたい、またしてもドナの出番です。

ドナは責任者のストゥの所へ行きあっさりと了解を得ます。ドナはついでにルイスの為デートの場所まで探してあげるのです。

ドナの電話はケヴィンの妻、ジルを刑務所へ呼び出す為に掛けた事が分ります。マイクは事情を説明し説得しようとしましたがジルは受け付けません、後でケヴィンにも責められます、マイクは次の手を考えなければなりません。ハーヴィーが良い知らせを持って来ました。

どうやら作戦は成功しマイクは出られそう。そこで又、マイクのこだわり「サターが捕まればケヴィンの妻、ジルも捕まるのでそれは避けたい」と言います!

SUITS/スーツ シーズン6 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン6 バリューパック [DVD]

ガブリエル・マクト, パトリック・J・アダムス, ジーナ・トーレス, リック・ホフマン, メーガン・マークル, サラ・ラファティー
3,653円(09/25 02:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

『SUITS/スーツ』シーズン6 第8話「自由への切符」>>

<<『SUITS/スーツ』シーズン6 第6話「夢と現実」

第7話のキャスト一覧

Cast 役者 役名
Gabriel Macht Gabriel Macht(ガブリエル・マクト) Harvey Specter(ハーヴィー・スペクター)
Patrick J. Adams Patrick J. Adams(パトリック・J・アダムス) Mike Ross(マイク・ロス)
Rick Hoffman Rick Hoffman(リック・ホフマン) Louis Litt(ルイス・リット)
Meghan Markle Meghan Markle(メーガン・マークル) Rachel Zane(レイチェル・ゼイン)
Sarah Rafferty Sarah Rafferty(サラ・ラファティ) Donna Paulsen(ドナ・ポールセン)
Gina Torres Gina Torres(ジーナ・トーレス) Jessica Pearson(ジェシカ・ピアソン)
Paul Schulze Paul Schulze(ポール・シュルツ) Frank Gallo(フランク・ギャロ)
Alan Rosenberg Alan Rosenberg(アラン・ローゼンバーグ) William Sutter(ウィリアム・サター)
Erik Palladino Erik Palladino(エリク・パラディーノ) Kevin Miller(ケヴィン・ミラー)
Joseph Kell Joseph Kell(ジョゼフ・ケル) Mr. Forest(ミスター・フォレスト)
Glenn Plummer Glenn Plummer(グレン・プラマー) Leonard Bailey(レナード・ベイリー)
Carly Pope Carly Pope(カーリー・ポープ) Tara Messer(タラ・メッサー)
Aloma Wright Aloma Wright(アロマ・ライト) Gretchen(グレッチェン)
Ian Reed Kesler Ian Reed Kesler(イアン・リード・ケスラー) Stu Buzzini(スチュアート・ブッジーニ)
Neal McDonough Neal McDonough(ニール・マクドノー) Sean Cahill(ショーン・ケイヒル)
Wendell Pierce Wendell Pierce(ウェンデル・ピアース) Robert Zane(ロバート・ゼイン)
Colin Glazer Colin Glazer(コリン・グレイザー) Larry Marsden(ラリー・マースデン)
Amanda Lisman Amanda Lisman(アマンダ・リスマン) Jill Miller(ジル・ミラー)
Deborah Pollitt(デボラ・ポリット) Judge Dorsey(ドーシー判事)
Stephen Park Stephen Park(スティーヴン・パーク) Bryan Davis(ブライアン・デイビス)
Shant Srabian(シャント・スラビアン) Judge Evans(エヴァンス判事)
Mark Quigley(マーク・クイッグリー) Passerby(通行人)

出典:https://www.imdb.com/

キャストの相関図

キャストの相関図

第7話のBGM(挿入歌)

スタイリッシュな音楽にあわせてテンポよく進むストーリーや個性的なキャラクター同士による絶妙なセリフの掛け合いなど、『SUITS/スーツ』の世界観を感じさせる要素が満載です。

それでは本作『SUITS/スーツ』シーズン6 第7話のBGM(挿入歌)をご紹介していきます。


Wicked Ones – Dorothy

アーティスト: ドロシー
アルバム: DOROTHY
リリース: 2014年

SUITS/スーツ シーズン6カテゴリの最新記事